2016年02月28日

どうすんのかな。

男子テニスは新鋭も現れるなどなにかと話題が豊富です
そんな中、錦織クンは同一大会4連覇を達成したかと思えば次の大会で2回戦負け
ワウリンカもそうですが、このあたりの課題を克服してベスト8は当たり前にしていかないとさらに上を行くには難しいですね。
今のTOP3はそれが本当に少ないところも強さのひとつ
その中でひとつでも多く優勝を積み重ねていかなければならないわけですから当然難しいんですが、早期敗退を減らして、かつ勝ち数を増やさない限りは今より上にいくのは厳しいです
特に今の男子はレベルが高いですからうかうかしてるとすぐに置いていかれてしまいます。
現にナダルは脱落傾向の中にいます
かつてあれだけ恐れられたエッグボールも今ではそう呼ぶ人も少なくなりました
今はベースラインの中にどれだけ入れるかが重視されているので彼のボールの優位性が落ちたという事もあるでしょうし、プレースタイルの面から見ても体への負担が大きいのは明らかです。
ボールに深さがなくなっているという指摘もあります。
フォアは全部といっていいくらいリバースで打ってることもあるかもしれないし、ボールに力が伝わりきってないようにも見受けられます
僕はナダルの完全復活はもうないと思っています。
ファンの方、ごめんなさい
でもフェデラーのように引き出しが多いわけでもないし、年齢的に今のスタイルを進化させるのは無理があると思います。
フェデラーの復活はないと言って見事に外されましたけど
ただ、得意のクレーでも成績が残せてないとなると今後は相当厳しいと思います。
錦織クンに話を戻すと、年齢的にはワウリンカよりも若い分、伸びしろは彼のほうがあるでしょうがグランドスラムを獲ったという実績ではワウリンカに上をいかれています。
これからどうして修正して成績を安定させ上に行くのかに注目しています

どうすんのかといえば野党ですね
最終的に民・維の合流は決まったとはいえ小沢一郎や共産が絡んできたりと何をやっているのやらって感じです
とにかく国民の意識や気持ちとの開きがありすぎます
民・維や小沢一郎は「国民は野党の勢力結集を望んでいる」共産は「安保法案反対は大きな国民運動を巻き起こした」と双方全くもってお門違いな事を発言しています
世論調査を見ても野党結集に期待しない人、安保法案に理解を示す人のほうがが完全に多いのに何を寝言を言ってるんやろうと思いますね
合流してもいまだに党名でぐちゃぐちゃやってるし・・・。
公募で決めるなんて言う人もいますがそんな事も自分たちで決められないのかと思いますね
こんな事でこれからいろんな問題や課題や政策をまとめられるとは到底思えないです
誰かが「さらに決められない政党になるだけ」とこきおろしてましたがまさしく正論ですな
新生党より日本の政治の未来をどうすんのかという方が気になってしまいます
自民一強というより他がだらしなさすぎるだけですわ・・・。

テニスに話を戻すと、昨日はまた頑張って練習できました
最近サーブのコントロールがイマイチなんですがなかなか改善できてません
別に早いサーブを打ってるわけでもないのでなんとかしたいところ
でも今日は腰に疲れが残ってるので無理はしないようにやろうと思っています
あとはガットを変えようと思案中
なんせ3回練習したら切れるので金がかかってしょうがない
で、こないだガットメーカーで仕事してる子とたまたま一緒にテニスしてる時に今張ってるガットより安いポリのガットがあるって教えてもらいました
後日ガット屋さんに行ってみたら在庫もあるので今度切れたら(というかたぶん今日切れる)それにして様子を見る事にしています。
心配は今もまだテニスをした後、上腕に少し痛みが出るのでポリにしてそれがひどくならないかどうか
ひどくなるようなら、今のガットをまたロールで購入するしかないですね。
とにかく何らかの形で経費節減しないと何かと大変ですから

前回、今回となんやら長くなりました
別に理由はないですけど
そういえば先日梅田で暴走事故がありました。自分も今はドライバー職なんで他人事とな思えないです。
最近、週末は飲み過ぎる事が多いので気を付けなあかんかな〜と思ったりもしましたね。
今回は有名繁華街での事故という事で大きく取り上げられましたが実は結構あるというのも報道されました。
批判的な人も結構いるんですが、やっぱり自動ブレーキを標準装備するとか自動運転システムにするしかこういった事故は防げないと思います。
そのシステム自体が故障しないという保証もないので必ずディーラーでの点検を義務にするなどして普及させて、少しでも悲惨な事故を減らす方向にするのが一番いいように思います。
高齢者の事故多発の問題もありますし。

また長くなっちゃいました
では、頑張ってテニスしてきます

posted by びぶさん at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

このままやと・・・。

おはようございます
先日から川崎の老人ホームでの事件が大きく報道されています。
関連して記事には介護職員の待遇面、虐待の増加、人手不足、構造的な問題などいろいろ書かれていますが、短い期間とはいえ介護職を経験した立場からしてみれば、思うところがたくさんあります。

そんな中で見かけたのがこの記事です。
「90歳の入居者が激白!介護ホームの“悲惨なる日常”」
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6191703

記事からはいろんなことが見えてきます。

まず、誤解せずとらえてほしいんですが、利用者やその家族に問題があって、それが職員にストレスを与えることも多々あります。
わかりやすく言えばクレーマーです。
この方のように、感謝の気持ちを常に持ってくれる人ばかりではありません。
僕もそれで悩まされたことがありました。
また、施設内では認知症の方もおられますが、認知症がどういうものかを知らない利用者とは必ずといっていいほどトラブルが起き、それが職員のストレスを増やす一因にもなります。
個人的には介護される家族側も、介護とはどういうものかであったり職員や利用者とどう接するかであったりということをもっと周知するというか意識してもらうことも必要だと思います。
利用者側が「金を払ってるんやから」的な気持ちでは職員の負担が増える事は間違いない事実だと思います。

常に叫ばれているのが待遇改善。
しかし現状では正直言って無理です。
僕の個人的な意見ですが、介護職は公務員化すべきだと思っています。
そう思う一番の理由は経営側(特に医療法人など)が取りすぎています。
後述しますが、これをなくすことで他の部分でも改善できる事があります。
そしてもっとシステムをスリムにしてただでさえ少ない職員をうまく現場に回す必要があると思います。
とにかく会議だの書類だの多すぎます。
民間でやってるが故にいわゆる『力関係』も存在します。
しかし力があるからと言ってそこの介護技術が優れているかというと決してそうではないというのが現実です。
僕自身もひどいとしか思えない現場を見てきました。
でもそれが『力関係』があるために一般職員では改善できないことが多々ありました。
『力関係』がなければそういうことも減るでしょうし、公務員化すればお金ももっと有効に使うことができるはずです。
処遇改善手当というものがあるんですが、経営側が都合のいいように運用する事ができます。
少ない財源の中でどうやっていくのかを考えると、一部が得をするシステムはいかがなものかと思います。
一方で倒産する介護事業所も増えています。
介護という世界に果たして競争原理を持ち込む必要があるのかといえばそれは違うように思います。
給与が上がれば人手不足が解消できるかというとそれだけでは無理、看護師も給与は改善されましたが人手不足は続いています。
医療の現場の事は見聞きした事しかわからないのでなんとも言えませんが、介護に関しては待遇も環境も変えていかないといけません。
人手不足が原因で勤務時間も長くなっています。
そうなると介護も雑になります。
ストレスが溜まり職員のいじめや利用者への虐待も起こります。
僕は訪問介護をしてましたが、ひとりぼっちにされている利用者もおられました。
正直、軽くでも叩かれたり暴言を吐かれたりしても表に出る事はありません。
そういう事が起こっていても不思議ではありません。ほんまに恐ろしいです。
今の介護現場は悪循環に陥っています。
現状ではいくら外国の労働者を入れたところで根本的な解決にはなりません。
今朝のテレビである経営者の方が『介護離職ゼロではなく介護職員離職率ゼロを目指すべき』と言ってましたが正論だと思います。
この先、介護職員は25万人不足するといわれています。
根本的に構造を変えていかなければ、このままではそう遠くない将来に介護現場は破綻するでしょう。

誰もが介護を受ける可能性があります。
そうならないよう努力しておく事は必要だと思います。
介護を受けずに済めばそれに越した事はないんですから・・・。

などと言いながら昨日は少し飲み過ぎました
その割にしゃきっとしてますが
明日は用事があるし今日は昼も少し飲んだろかいなと、なぜかそんな気分です
どうするかわかりませんけど
雨でテニスできひんからかな・・・。

ま、今日はゆっくりするしかなさそうですな


posted by びぶさん at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

う〜ん・・・。

今週は心配なことがあったり考えさせられる事が多くありました

ビックリしたのがフェデラーが膝の手術をしたというニュースがありました
しかも試合や練習ではなくイベントの最中の事故だったらしく、本人はたいしたことはないと言ってはいますが影響がでないかが心配です。

経済状況も暗雲が・・・。
ただ、アベノミクスが失敗したという批判はいかがなものかと思います。
発端は中国の経済不安であって、加えてアメリカ経済も失速気味です。
経済は生き物なのでいろんな事があって当たり前ですが、今回の動きを安倍政権の失敗というのはあまりに稚拙な批判やと思います。

そして北朝鮮。
ミサイル発射もそうですが、それに伴って拉致問題も停滞方向へ進みました。
こういう事は正直言いたくありませんが、解決する可能性はかなり低くなったとしか思えないです。
今の代になって解決への期待が高まった事もありましたが、残念ながら世界が思っていた以上にどうしようもないというのが現実です。
クーデターが起きて現政権が倒れ、正男氏がトップにならなければ状況は悪くなるだけ。
このままなら拉致問題の解決は考えられないです。
被害者家族の気持ちはもう僕らでは語ることができないです。
なんとかならんのかと思いますが・・・、政権もやれるべきことはやってるんですが相手が相手だけにどうしようもないだけでなく、中国がああいう態度だけによけいにどうしようもできないのがほんまに腹立たしいです
書きたい事は山ほどありますが、僕が言ったってなんも変わらないのも悲しい現実です

今年は荒れるんやろか・・・。
そんな事を考えてしまう今日この頃です。
それでも相変わらず酒は飲んでます
posted by びぶさん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。