2013年03月24日

本質は? その1

今日、久しぶりいGパンを買いましたぴかぴか(新しい)

さすがにくたびれてきたのでしょうがなくですけどダッシュ(走り出すさま)

さて、前回の日記にmixiの方で『小泉さんの雇用問題の緩和もいかん。なんなん?契約社員って?』というコメントをいただきましたぴかぴか(新しい)

伝わってない部分もあるかもしれませんので、もう少し掘り下げて書く事にしますー(長音記号2)


派遣や契約社員というと今ではマイナスのイメージを持つ方が多いと思いますー(長音記号1)

派遣や契約社員というのは小泉構造改革の中の規制緩和のひとつとして取り入れられたものですよねexclamation

しかし、それ以前を振り返ってみれば『フリーター』と呼ばれる人たちが世の中には数多く存在していました。

個人的にはいろんな労働形態があっていいと思っています。

ただし、最低条件として景気が良く生活できるだけの収入が得られる事、そして労働者としての権利が守られる事が挙げられます。

バブルがはじけた後フリーターは少なくなり、構造改革の中で生まれた派遣社員は『派遣切り』の憂き目に合い、不況下においての規制緩和は高速バスの事故を引き起こすなどの問題も起きました。

突き詰めて考えれば、景気さえ良ければフリーターも派遣も契約社員も社会の一因として存在する事は可能だし、逆に景気が悪ければ正規雇用といえども安心して働けないという事になります。

じゃあ、一体誰が景気を悪くしてこの様な状況になってしまったのかexclamation
今後どうしていくべきなのかexclamation&question

それをしっかり見極める必要がありますー(長音記号2)

次回以降、じっくり考えていきましょうぴかぴか(新しい)





posted by びぶさん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/351484850

この記事へのトラックバック