2016年03月13日

3.11 忘れてはいけない事

東日本大震災から5年が経ちました。
早い遅いはあるにせよ、復興は少しずつ前に進んでいます。
南三陸町長は辛坊さんに「風化させないでほしい」とお願いをし、辛坊さんも事あるごとに東北を訪れ町長の気持ちに答えようとしています。
たくさんの方が亡くなられただけでなく、その人たちに関わった人達もそれぞれの思いを抱えながら、立どまったり辛い思いをしたり後悔をしたり・・・、それでも気持ちを奮い立たせ少しでも前に進もうとしています。
その中には残念な事に耐え切れなかった方もおられます。
僕は今はTVを通してしかその現状を知る事はできません。
ただ、問題がまだ山積みである事やまだまだ時間が必要である事は理解できます。
時間が経って、被災者の方も冷静になる事ができたところもあり、以前は早く前の場所に戻りたいという気持ちが焦らずゆっくり考えようという気持ちに変わってる人も増えてきているようです。
スピードも大事ですが、どれだけ負担をかけずに前に進めていくのかのほうが大切なのではと思ったりもします。
難を逃れた方にもそれぞれの環境、考え、体験があります。
「人に寄り添った復興」という言葉もありますが、5年経った今、スピード重視するところと人に寄り添うべきところを分けていく必要が出てきている時期に入ったのかもしれません。
被災者の多くが我々以上に辛さや困難と向き合いながら前に進んでいこうとしているんだという事は決して忘れてはいけないと思います。

そしてもうひとつ絶対に忘れてはいけない事、それは当時政権を担う立場でありながら被害を受けなくて済んだ人に被害を与え、その反省も検証もなく今ものうのうとしている民主党です。
彼らのした事は明らかに犯罪です。
百歩譲って彼らが意図的ではなかったとしても過失である事は間違いありません。
下野しても復興にもっと力を注ぐ事が彼らの責任であり償う方法のはずですが、そんな行動は微塵もなく今だに我中心の考えで政治に関わり国をよくしていこうとする姿勢は全く感じられません。
彼らは裁きを受けるべきであり犯した重い罪を償うべきです。
そしてその党と一緒になってやっていこうとする人達も信用できません。
当時から今に至るまでの民主党の姿勢、行動、自分たちで反省し見直しやり直す事ができないのであれば、我々はそれを忘れる事なく彼らに鉄槌を下さなければならないという事を肝に銘じるべきだと思います。

それでも腐らず、自分達のできる事をやって前に進もうとする被災者の方達。
来年には、かつて一番最初に復活した南三陸町の仮設商店街が高台に移動するそうです。
復興が進んでいるところと進まないところの差は間違いなく存在しています。
しかしながら被災者の気持ちがいろんな事を少しずつ前に進めている事だけは事実です。

僕自身、今は何の役にも立てていません。
ただ、いつの日か東北の地を訪れてみたい、そんな気持ちだけは持ち続けています。

南三陸町ではいいスギの木が育つらしくで東京オリンピックの会場建設にその木を使ってもらおうと今トップセールスを行っている最中だそうです。
スギといえば花粉症。
先日注射を打ちに行ってましになってと書きましたがその効果は想像以上でした
昨日テニスで外に居続けるという事もあり、念のため前に毎年言っていた病院でもらった薬を飲んで出かけました。
ところが現地に着く前からやたら喉が渇きだし「飲み薬まで飲んだら効きすぎてあかんのかな〜」と思いました。
更にテニスをしている最中には腹痛に襲われるハメに
最初は前日の食べ過ぎ飲み過ぎが原因か?とも思ったんですがそれなら朝から調子が悪いはず
すぐに薬の効きすぎで水分が足りないんだとわかりました
案の定、スポーツドリンクを補給したら腹痛は治まりその後メンバーと飲みにいく事ができました
花粉症の注射、恐るべし
自分が思ってる以上に効いてたようです

今日もこれからテニス
夕方から雨のようですがインドアなんで関係ありません
昼飯食って昼寝して明日からの準備などしてから楽しんでこようと思います




posted by びぶさん at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。